忍者ブログ
キャッシング情報ブログ
[4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◎安全性と換金性の高い投資信託
  その名のとおり、中期国債を中心とした公社債や短期の金融商品などで運用する追加型公社債投資信託。商品内容はMMFとほぼ同じで、購入後30日が経てば解約手数料(信託財産留保額)なしで1円以上1円単位で出し入れ自由な流動性の高い商品。2001年4月から、予想分配型から実績分配型に移行した結果、MMFとの商品性の違いがほとんどなくなった。収益の分配は毎日行い、毎月最終営業日に1カ月分をまとめて自動的に再投資されるため、1カ月複利で運用する効果が得られる。換金は翌日支払いが原則だが、取扱会社によっては、最高500万円まで即日換金(キャッシングが可能。

◎取り扱いを終了するところも
 2001年3月末までで予想分配率の提示がなくなり、同年4月からはMMF同様、直近7日間平均の実績を表示するかたちになった。野村アセットマネジメントでは、2001年9月21日をもって全額償還となり、日本投信なども、取り扱いを中止した。予想分配から実績分配に移行した現在でも、新規の取り扱いを継続しているところは一部あるが、取り扱いを中止する動きも広がっている。運用実績面でもMMFとほとんど変わらないため、今後は消滅する可能性も否定できない。

◎実績を見ながら機動的に預け替えを
  中期国債ファンドは、MMFと同じように、今後の金利上昇が予想される場合、金利上昇の恩恵を受けながら有利な商品への預け替えのチャンスを狙えるといったメリットがある。実績を見ながら機動的に預け替えを検討する程度で問題ないだろう。しかし、中期国債ファンドの運用規制の多さ(中期国債を運用の中心に置く必要がある)などから、MMFの利回りのほうが高くなる傾向にあるため、実績分配率の変化を注意深く見守る必要がある。なお、MMF同様、若干の元本割れになる可能性がゼロではない点には留意したい。

(『NIKKEI NET』より)

[PR]
 三井住友カード

PR

◎最近のオートローン
低金利環境となり、販売会社も顧客囲い込みのためオートローン金利を競争条件としてきた事から、顧客金利は信販会社の調達金利に少し加えた程度の金利となり、収益率は大幅に低下している。そのため、現在では信販会社のオートローンでは大手販売会社への対応は困難となり、自動車メーカー系のクレジット(信販)子会社が対応するケースが多くなってきている。

一方、銀行や信用金庫などの金融機関でも、自動車の購入を含め、車検費用、運転免許取得費用などの、自動車に関連する各種費用を対象にした個人向け融資(「マイカーローン」などの名称で販売している)を展開するようになっている。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

[PR]
 ETCカード 比較




忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索